通信制高校の評判の違いは学費のせい?

自宅でも教育が受けられる通信制高校

通信制高校とは、何らかの事情によって実際に高等学校に通学して授業を受けることが難しい場合に於いて、自宅で受けることが可能な教育です。
そのため、一般の高等学校とは異なり、多くの場合は入学試験などがなく、またあったとしても形式上のものであり、ほぼ全員が入学可能な場合がほとんどです。
よって、比較的に通常の高校より評判があまり良くないことが多く見受けられます。

評判の良い通信制高校とは何か?

しかしこれは入試によって生徒をふるいにかけないために、結果として終了過程まで学習を継続することができない生徒が多数存在してしまうためです。
また通学して、校舎で教師に向き合うという物理的な繋がりが一般の高校に比べて極端に少ないために、途中で退学することが容易にできてしまう点も、通信制の評価に影響する大きな要素です。

学費によってサポートに違いがある

また同じ通信制高校同士の間でも評判の良し悪しは大きく差があります。
これは主に学費の面と生徒の学習に対するサポート面によって決められます。
まず学費に関しては、通信制高校にも公立校と私立校の両方が存在するため、その差は年間にすると大きく開きます。

「評判がよい=学費が高い」という傾向にある

しかしそれと同時に、私立校は学費の面で少し負担が大きい反面、それぞれの学校で独自のサポート体制が存在するため、継続的な学習を可能にさせる場合が多いことが特徴です。
そのため通信制への入学希望者は、自分が高校に入学する上でどこに重点を置くかによって選択肢が多岐に渡ります。
またこの高校ごとのサポート体制は、結果的に卒業率に反映されることが多いために、各校の評判はこの卒業率によってある程度決定されます。
このように高校を選択する場合、金銭面とサポート体制の両方がバランスよく保たれている高校が将来を見据えた入学希望者にやはり人気となる場合が多くなります。