通信制高校にも公立校と私立校がある!

通信制高校の学費について

不登校になってしまったり、働きながら学びたい人にとって通信制高校は考えられる選択肢のひとつです。
しかし、まだまだ少数派で知らないことがたくさんあるのも事実です。
今回はその中でも気になる学費について調べてみました。

通信制高校にも、公立高校と私立高校がある!

まず、通信制にも公立と私立があります。
公立では入学金が500円、授業料は一年で1万円から3万円程度、一単位だいたい300円から1000円程度と、かなり安く設定されています。
対して、私立の場合は、その学校ごとに金額は変わるものの、入学金が安いところで2万円程度で、授業料は一年でだいたい20万円以上、一単位だいたい6000円から1万円程度と、公立よりは高くなっています。

公立校は学費が安い! 私立校はサポートが手厚い!

ただ、公立校は私立校に比べると、学生へのフォローが少ない傾向があるとされています。
その点、私立では公立と比べ登校日も多く、インターネット学習制度や、ライブ授業の配信などを行っている学校も多くあります。
自分の力できちんと進められる人には問題ありませんが、しっかりとした先生からの指導を受けながら学びたい人にとっては多少学費は高くなるものの、私立のほうが安心して勉強できるといえるかもしれません。
また、私立の場合はその学校独自の奨学金制度のある学校もあるので、金額面で悩んでいる方はこれを利用するのもひとつの方法だと思います。

通信制高校もメリットとデメリットを見極めて選びましょう

このように、公立、私立、両方にメリットとデメリットがあります。
学費はその中でも考えるべき大きな要素のひとつだといえますが、それだけで考えるのではなく、自らの生活リズムや特性、求める要素などをしっかりと考えたうえで、各校を十分に比較しながら検討する必要があります。
少しでも気になったら資料請求し、複数の学校をよく見比べて、慎重に志望校を選びましょう。